相続、遺産分割、遺留分減殺請求でお困りの方へ

  人が亡くなり相続が発生した場合、相続人全員が一致協力してスムーズに手続を進めることが出来ればそれに越したことはありません。
  しかし、遺産の取り分や分け方で争いが起こると、手続が進まなくなってしまい、この結果、亡くなった方が残してくださった財産を有効に活用することが出来なくなってしまうことがあります。
  そもそも、自分がどれだけの遺産をもらうことが出来るのかや遺産分割手続を具体的にはどのように進めてよいか、また、どの点に注意する必要があるのかなどは、専門家でない方にとっては、よくわからないことがほとんどです。
  また、遺言書があっても、その内容が相続人の遺留分(最低限の取り分)を侵害している場合には、遺留分減殺請求をして最低限の取り分がもらえるようにすることを検討する必要があります。適時、適切にこの主張をしておかないと、最低限の取り分ももらえなくなってしまいます。

  このように相続、遺産分割などにおいては、複雑な問題や手続に直面することがよくあります。
  当事務所では、相続や遺産分割、遺留分などでお困りの方については、初回30分程度に限り、無料法律相談を承っておりますので、お気軽に御連絡ください(電話やメールでの相談は行っておりませんので、この点ご了承ください。)。

 ご相談を希望される方は、電話(一宮市・0586-25-5686)または「ご相談予約申込み」から相談の予約申込みをいただければ、日程調整の上、弁護士よりご連絡致します。ご希望により、平日夜間や土日に相談をお受けすることもできますので、お気軽に御連絡ください。

遺言作成をお考えの方へ

  考えたくないことですが、人は必ず亡くなります。そして、残された財産をめぐって争いになることがあり、この争いは、残された方の人間関係を悪化させることがほとんどです。

  このような相続についての相談をうける際に、もし亡くなられた方が適切な遺言書を残してくださっていたら、このような争いはなかったかもしれないと思うことがあります。

  このため、残される方のためにも、遺言書を作成しておくことが望ましいと思います。

  しかし、遺言書をどのようにして作成するのか、また、どのような点に注意しなければいけないのかなどについて、詳しく知っておられる方は少数です。

  遺言書は適切に作成しないと、せっかく作成したのに無効とされ亡くなった方の最後の意志が尊重されないことがあります。

  また、遺言書の内容が相続人の遺留分(最低限の取り分)を侵害している場合には、相続人の主張により、争いになることもあります。

  もし、遺言書の作成をお考えであれば、一度、専門家である弁護士へのご相談を検討されてはいかがでしょうか。

 当事務所では、遺言について、初回30分程度に限り、無料法律相談を承っておりますので、お気軽に御連絡ください(電話やメールでの相談は行っておりませんので、この点ご了承ください。)。

 ご相談を希望される方は、電話(一宮市・0586-25-5686)または「ご相談予約申込み」から相談の予約申込みをいただければ、日程調整の上、弁護士よりご連絡致します。ご希望により、平日夜間や土日に相談をお受けすることもできますので、お気軽に御連絡ください。

ご相談予約申込みはこちら

お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談予約申し込みはこちら

0586-25-5686

業務時間:平日9:30-18:00(事前予約で平日夜間・土日相談可能)

平日夜間相談・土日相談対応可能です(要事前予約)。ご希望の方は、その旨お気軽にお伝えください。

ご相談予約申込み
はこちら

お電話での
ご相談予約申し込み

0586-25-5686

業務時間:平日9:30~18:00

※平日夜間相談・土日相談対応可能です(要事前予約)。ご希望の方は、その旨お気軽にお伝えください。

ご連絡先はこちら

くまざわ法律事務所

0586-25-5686

0586-25-5687

info@kumazawa-law.com

代表:弁護士熊澤嘉信
(愛知県弁護士会所属)

住所

〒491-0859
愛知県一宮市本町3-10-15
三栄本町ビル8階(旧ミツダ本町ビル)

主な業務地域

一宮市・江南市・岩倉市・
稲沢市・犬山市・小牧市・
津島市・愛西市・北名古屋市・丹羽郡 (大口町・扶桑町)
名古屋市 (以上全て愛知県)
岐阜市・羽島市・笠松町・
各務原市 (以上全て岐阜県)

その他東海三県全域
​(愛知県・岐阜県・三重県)

事務所概要

業務時間・業務地域